2016年05月11日

原発災害情報センター第三回総会後の講演「子どものがんと大人のがん そして被ばく影響の違いについて〜県民健康調査甲状腺検査をよみとく4年半〜」

皆様へ 情報をいただきましたので掲載いたします。

一昨年「現在進行形で進む福島原発事故災害に向き合い、記録し、未来につなぐ」ことを目的として、スタートした原発災害情報センターでの定期総会での講演会だそうです。


「子どものがんと大人のがん、そして、被ばく影響の違いについて

 〜県民健康調査甲状腺検査をよみとく4年半〜」  です。

5月15日(日)14時半〜16時半

講師 田島直樹氏


原発災害情報センターにて

961-0835福島県白河市三輪台247

交通:東北線(在来線)白坂下車徒歩5新幹線新白河駅から車10分ほど

      東北自動車道白河IC10

電話: 0248-28-1111

160430_(資料)原発災害情報センターNEWSと講演会案内 2016年04月30日19時37分04秒-1.jpg 
posted by 311・≧19 元福島大学保護者有志の会 at 23:45| 福島 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いつも精力的に活動され、また保護者のブログも担当されて、深く敬意を表します。
私はその後も福島の状況を出来るだけ知りたいと思い、昨年9月末、北海道の退職教職員8名を誘い浜通の帰還困難区域などを訪問しました。、今年4月に原発訴訟を闘っている方々と会ってきました。
 原発被災者集団訴訟を闘っている方々の存在を北海道の方々に知らせることを主な役目と
思って、原発公害訴訟「公正な判決を求める署名」を北海道内でさやかながら取り組んでいます。原告に多くの同窓生たちがいます。

 白河市にある「アウシュビッツ平和博物館」の件ですが、2013?年に原発 事故被災資料センターが併設されました。ちょうどその年、同館を訪問し、ガイドのS氏と懇談してきま した。そのとき、資料センターはまだ工事中でしたが、公開もしていました。また、ア ンネ・フランク館も準備中でした。
あれから3年経ちますので、整備が進んでいると思います。
館長は小渕真理さんで、「生業を返せ・地域を返せ福島原発訴訟原告団・弁護団」を支援する意見広告や各種集会のよびかけ人もされている方です。白河市の「アウシュヴィッツ平和博物館」は栃木県?から移設されて10年以上経過していますが、その存在は福島県内でも広く知り渡っているとは言えないように思います。
JR東北本線白坂?駅から徒歩で5分ほど、とてもいい環境の中にあります。訪 問をお薦めします。

######################
札幌市 H.D.
Posted by H.D. at 2016年05月15日 08:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。