2015年02月27日

H26年12月 福島大学金谷川キャンパス内の環境放射線量の測定結果について

情報としてはだいぶ遅れてしまいましたが、先のお返事で教えていただいた福島大学HP掲載の「福島大学 放射線に関する取り組み - キャンパス内除染に関する取り組み」から最新の情報です。除染前に測っていただいたことは大変良かったと思います。現在はまだ除染中なのでしょうか。春休みとは言っても、細かい除染計画を学生に周知していただきたいと思いますが・・。

※画像はクリックすると拡大できます。


金谷川キャンパス内の環境放射線量の測定結果について


平成26年12月  総務担当副学長・学務担当副学長


 本学では、平成23年度にグラウンドや中央広場などの除染工事をして以来、学生・教職員が滞在する時間が長い場所や、頻繁に往来する場所などの放射線量を測定して、毎月その結果をホームページで公表してきました。

 このたび、「福島市ふるさと除染実施計画」に沿って、金谷川キャンパスなどの除染工事が開始されました。そこで、本学としてキャンパス内の放射線量を事前に把握しておき、その結果を除染工事に反映させて、放射線量の低減をしっかり確認していきたいと考えております。この10月に学内の放射線安全委員会の協力を得て道路、側溝、植栽周辺などの放射線量を測定した結果は、次の地図のとおりでした。


torikumi-josen-furusato.jpg

posted by 311・≧19 元福島大学保護者有志の会 at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島大学からの回答

ひとつ前の記事に対する回答です。
少し見つけにくい福島大学の空間線量調査結果のURLを教えていただきましたので、どうぞご覧下さい。

20151月7日


福島大学安全安心な教育環境をめざす保護者の会

●●●●●様


福島大学 理事・副学長 ●●●●


明けましておめでとうございます。

 さて、本学としては、これまでどおり本学の方針を遵守し、安全安心なキャンパスづくりを進めています。

89月の学内空間線量調査結果は、以下のとおり公表しています。

   http://www.fukushima-u.ac.jp/guidance/top/torikumi-josen.html


甲状腺検査の試験的なモデル検診(10/1〜3)については、福島県の原発事故対応の重要な施策であり、震災時福島県に住まいで18歳以下であった全県民に対して子どもたちの健康を長期に見守るための検査で、大学等に進学した場合は市内の一般会場等で実施するも予約制等申請手続きや授業等の要因、原発事故以降の時間風化等もあって受診率が低いなどの問題があったことから、本学と協議のうえ、本学学生(4,200人のうち県内出身者は約半数)に一斉メール配信により周知し、本人受診意思を確認のうえ希望者への便宜を図るために本学キャンパス内での試験的なモデル検診を実施したものです。なお、本学での試験的なモデル検診結果を踏まえて、県内の大学会場とした検診を検討していると伺っています。

各課の責任者による会議とは、副学長の下で関連する担当する課長等が集まり取り纏めたもので、特に会議名称はありません。

今後とも、本学の教育研究の発展のために、安全安心な教育環境を維持するためにご協力ください。

posted by 311・≧19 元福島大学保護者有志の会 at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島大学の回答に対する質問を送りました。

読者の皆様


以前使っていたOCNのブログ人のサービスが終了し、このたびやっとこのサイトを開催いたしました。

以前の貴重な記録が無くならず、こうして再開できたこと、大変安堵しております。

さて、皆様への公開が遅れましたが、昨年秋に大学とやりとりした質問と回答を掲載します。

この次の記事で大学からの回答を掲載させていただきます。



以下、昨年11月25日に福島大学に送らせていただいた、回答に対する質問です。


=================




このたびはご回答を本当にありがとうございました。


関わってくださった皆さま方に本当に感謝いたします。




回答を読ませていただき、

私どものお願いへの回答に対しては大変残念な結果だと思っております。


また議論の過程や、結論への理由も明確に示されているとは思えませんでした。

「本学の方針を遵守し、安全安心なキャンパスづくりを進めている」ということについてですが、

まずはそれ以前に汚染状況についての情報量があまりに少ないということが

どれほど保護者の不安を高めているか、そのことをおわかりいただけなかったと感じました。

また同じ目的を持つ私たち保護者の協力を拒まれたということ、大変不可解に思いましたこと、

皆さまにお伝えいただきたいと思います。



さて、そうはもうしましても、福島大学での対策が進んでいることに

少し安堵し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

皆さまがお忙しいことは想像しておりますので、その中で、先生方、職員の皆さんが

作業、ご手配くださったことと思います。本当にありがたく思います。


保護者の会といたしましては、こうした件につきまして、

もう少し情報をいただければ、と思いますので、下記質問にお答えいただけると

大変ありがたく存じます。


どうぞよろしくお願いいたします。


質問@89月に教職員の皆さまの手で学内の空間線量の調査をされたとのことですが、

その結果についてはHPなどで公表されていらっしゃいますか?

私の探し方が悪いのかもしれませんが、もしどこかに掲載されていたら、URLアドレスを

教えていただけるとありがたいです。

質問Aもし掲載されていないとしたら、私たちの問い合わせに対して、

測定結果を見せていただくことはできますか?

敢えてネット上に公開はしないけれど、問い合わせには対応するという市民向けの対応を

行うことはあると思います。ご検討よろしくお願いいたします。

質問B今年度予定の文部科学省除染計画の正式名称は何ですか?

資料は文部科学省のHPで見ることができますでしょうか。

質問C除染計画のタイムスケジュールを教えてください。

質問D甲状腺検査の試験的なモデル検診(10/1〜3)についてです。、

この件については本当に感謝しております。大きな前進と思えます。

知人からも「検診車が来ていた」と聞いております。

・福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センターからの検査協力依頼とはどのようなものでしょうか。

・希望者はどのように募ったのでしょうか。学生周知の案内文などを教えてください。

・モデル検診ということで、このモデル検診を経て、今後どのように計画をなさっているのか教えてください。

質問E最後ですが、各課の責任者による会議を重ねて結論を出してくださったとのこと、

会議の名前を教えてください。


以上、お手数をおかけしてしまいますが、何卒よろしくお願いいたします。

今日は寒い一日のようです。

先生方もどうぞご自愛ください。


福島大学安全安心な教育環境をめざす保護者の会

●●●●●

posted by 311・≧19 元福島大学保護者有志の会 at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。