2014年11月25日

11月19日福島大学より回答をいただきました。お願いしたことについては残念な回答でしたが、さまざまな対策が進んでいることには大変感謝しております。

2014年11月11日

福島大学安全安心な教育環境をめざす保護者の会
●●●●●様

福島大学 理事・副学長 ●●●●

晩秋の候、ますますご清栄のことと存じます。
 さて、本学としては、前回もお伝えしたようにこれまでどおり本学の方針を遵守し、安全安心なキャンパスづくりを進めています。
 学内の放射線量の状況については、毎月の計測地点に加えて、8〜9月に教職員の手で学内の空間線量の調査を行いました。また、学内の調査につきましては、本学の科学的な見地によって調査体制及び計測の専門家も整っています。ボランティアによるご厚意は有り難いですが、本学の取り組みについてご理解のほどお願いいたします。
なお、学内でオーソライズされた調査結果は、今年度予定の文部科学省除染計画に反映していきます。その計画では、表土のはぎ取り、また道路の高圧洗浄等を行うことになっております。これにより、学内の線量は大幅に低減することが期待されます。 
さらに、甲状腺検査については、福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センターからの検査協力依頼を受け、本学学生に周知し、本人受診意思を確認のうえ希望者への便宜を図るために本学キャンパス内での試験的なモデル検診(10/1〜3)を実施したところです。
posted by 311・≧19 元福島大学保護者有志の会 at 08:55| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする